- 施術コラム一覧 - オスグッド・シュラッター病(膝の皿の下がいた)

オスグッド・シュラッター病(膝の皿の下がいた)

2019.12.25
カテゴリ: 膝の痛み

今回はオスグッド・シュラッター病についてコラムを書こうと思います。
膝の皿の指二つ分くらい下の少しもり盛り上がっている所を脛骨粗面といい10~15歳の子供がここが痛いと言ったらまずこれを疑ってもいいでしょう。

原因と病態
10~15歳の成長期の子供跳躍やボールを蹴るスポーツをしすぎると発生します。
大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の筋肉は膝蓋骨(膝の皿)の下を通っていて膝を伸ばさせる力として働きます。
膝を伸ばすことの繰り返しにより大腿四頭筋が脛骨粗面を牽引してしまいどんどん脛骨粗面が盛り上がってきて時には成長軟骨部分がはがれてしまいます。
この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。 

診断
成長期の一過性の障害で成長が終了すると多くは痛みはなくなり治ります。
この時期はスポーツを控えることあるいは、中止することが必要です。

予防治療
オスグットを防ぐには日々大腿四頭筋のストレッチやアイシング、マッサージなどを行うと有効的です。
痛みが強い時はアイシングなども行いましょう。
発症してしまったらテーピング、サポーターなどをして患部に負担がかかりにくくします。
痛みが無くなればスポーツ復帰は可能です。発症から3~5カ月はスポーツすると痛みは強くなります。
当院は炎症を抑える電気やアイシングオスグットに対する専門的なストレッチをおこなっておりますのでお悩みの際は一度ご相談ください。


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております