- 施術コラム一覧 - 骨盤・骨格の歪みによる体への悪影響とは?

骨盤・骨格の歪みによる体への悪影響とは?

前回、前々回に引き続き、骨盤・骨格の歪みによる体への悪影響とは?についてお伝え致します。ちなみに前回(骨盤・骨格はなぜ歪んでしまうのか?)、前々回(骨盤・骨格の歪みを引き起こす姿勢・習慣・癖とは?)に興味がある方はクリックしてください。
⓵姿勢の変化
骨盤・骨格がゆがむと、当然ながら姿勢に変化が現れます。
姿勢が悪くなる(猫背・反り腰・右肩・左肩が下がっているなど)ということは、背骨や骨盤などの位置や、筋肉のバランスが崩れているため様々な部位の痛みの原因になります。また骨盤には腰や足の筋肉が付着しており下半身の運動に関わる神経が通っているので、骨盤機能の不調は腰痛腰痛椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症・反り腰・首の痛み・肩こり・腕が挙がらない・足のむくみ・O脚・膝・股関節の不調・臀部・下半身のたるみなどの原因にもなり得ます。
⓶内臓機能の低下
背骨や骨盤の位置がずれることで、内臓が圧迫されたり、血流が悪くなったりして、内臓機能の低下につながります。その影響で、消化不良、生理不順、便秘、代謝の低下、むくみ、体が重だるいなど、さまざまな症状が現れてきます。
⓷神経伝達の低下
中枢神経などの神経伝達に影響を及ぼし、「血管を収縮しなさい」「血圧を上げなさい」という命令がうまく伝達できなくなり、何らかの症状となって現れるそうです。
⓸血行不良
体のゆがみによって血流が悪くなることで、動脈から全身の細胞に酸素を送り届ける力が低下してしまうために、頭痛や眠気、だるさ、足の疲れ、寝ても疲れが取れない、むくみを引き起こします。
*女性特有の症状として、新陳代謝の低下・冷え・便秘・生理不順・生理痛や妊娠・出産時の腰痛などの症状として現れやすくなります。

骨盤・骨格矯正の本来の目的は「背骨のゆがみを取って、体が本来持っている『自然治癒力』を高めること」です。骨盤・骨格の歪みは、自然治癒力を十分に発揮できない状態にしてしまいます。
骨盤・骨格矯正によって歪みを取るということは、骨や筋肉、内臓を正しい位置に戻し、それぞれが正しく機能する状態に整えることです。それによって、自然治癒力を高めることができ、健康な体づくりの基礎を築くことができるのです。
三回にわたって骨盤・骨格の歪みについてお伝えしてきましたが、ご不明な点等ございましたら当院まで是非ご相談ください。


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております