- 変形性膝関節症(O脚、X脚)

変形性膝関節症(O脚、X脚)

変形性膝関節症とは、膝の軟骨がすり減ったり、なくなって膝の形が変形し、痛みや腫れをきたす状態のことをいいます。
変形性膝関節症が進行すると、骨同士の直接の摩擦を防いだり、関節が受ける衝撃を吸収する為に働く関節軟骨がすり減り、痛みや変形を引き起こします。

発症する原因としては

  1. 加齢
  2. 過度の関節運動
  3. 体重の増加(肥満)
  4. 遺伝的要因
  5. 関節不安定症
  6. O脚

などが挙げられます初期症状は、膝の強ばりや動き初めに膝が痛む程度ですが次第に立ち上がりや階段の上り下りなどで膝の曲げ伸ばしがしづらくなります。膝が炎症を起こし関節内に水が溜まり腫れを引き起こすこともあります。

変形性膝関節症の場合、一度擦り減ってしまった関節軟骨は元に戻すことはできません。
しかし痛みが和らぎ自由に歩けるようになったり、普通に生活ができるようになるなど機能を回復してより良い状態に戻すことは可能です。

当院では、痛みを取り除くだけでなく、整体療法による骨格矯正を行うことによって、痛みの根本治療、再発しない身体作りのお手伝いをさせて頂いております。


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております