- 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩、五十肩とは俗称で、専門的用語では「肩関節周囲炎」といいます。

肩関節周辺の組織に変性が起こり、生じた炎症のよって痛みが起こります年齢とともに、肩の部分にある関節を覆う膜や骨同士を結び付ける靭帯の柔軟性が低下することで起こると考えらえられています。また、上腕部の筋と骨を繋ぐ腱板が加齢に伴い変性し、炎症を起こすことも原因となります。

自覚症状

  1. 初期の痛み:肩の違和感がとれない。軽度の痛み
  2. 進行期の痛み:就寝中、寝返りをうつと痛みで目が覚めたり、眠れなくなる(=夜間痛)
  3. 拘縮期:痛みとともに肩が動かなくなっていく
  4. 拘縮期末期:痛みは軽減していくが硬くて動かない
  5. 回復期

五十肩は、初期に適切な治療をしないと症状を長引かせてしまったり、悪化させることにもなります。また、痛みをかばうせいで姿勢がゆがんでしまうこともあります。

当院では、痛みや関節の可動域制限を改善するだけではなく、整体療法による骨格矯正を行うことによって、身体全体を理想の状態に導きます。


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております