- 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。これを脊柱管といいます。

脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などが原因で脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫されて腰の痛みや足のシビレなどの症状を引き起こすものです。
発症する主な原因は、加齢による骨の変性や、骨周囲の組織の変性やえんしょうです。

特徴的な症状は

  1. 下半身の痛みやシビレ(=坐骨神経痛)
  2. 一定の時間を歩くと足に痛みやシビレが現れるものの、少し休むと再び歩くことができるようになる。(=間欠性跛行)

が挙げられます。

症状が進行し、排尿障害や排便障害などの日常生活に支障をきたすような状態が続くと、手術療法が選択される場合もありますが、まずは手術をしない保存療法が選択されます。

当院では、その場限りの痛みなどの症状を取り除くだけではなく、整体療法による骨格矯正を行うことによって、痛みの根本治療、再発しない身体作りのお手伝いをさせていただいております。


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております