- Blog記事一覧

Blog記事一覧

バイクにて交通事故にあった患者様からの喜びの言葉を頂きました!

2019.11.08 | Category: 未分類


バイクにて走行中トラックと接触し転倒され当院に来院されました。
バイクは大破し当初は擦り傷も多く動くと痛みが強い状態で患者様
本人は治るか不安がっていましたが後遺症もなく動いても現在痛み
無い状態で大変喜び無事通常の日常生活を送れるようになりました。

交通事故の患者様から喜びの声を頂きました!

2019.10.30 | Category: 未分類


交通事故にあわれた患者様車にて走行中横から追突され車は横転したそうなのですが後遺症もなく治療終了しました。
帰りに患者様から本当にありがとうございました。とーごう接骨院に来てよかったですととてもうれしい言葉をもらえました。
こう言う一言をもらえると治療家になって良かったと思える一日でした。

ぎっくり腰注意報!!

2019.10.12 | Category: 未分類

涼しくなり始めたこの季節、朝晩と日中の温度差が激しくなるので、腰の筋肉が引きつり、動けないほどの痛みに襲われることがあります。これがぎっくり腰です。

物を持ち上げるとき、高いところにあるものを取ろうとしたとき、急に立ち上がったとき、靴下や靴を履こうとしたとき、くしゃみをしたとき・・・日常生活の様々な場面にぎっくり腰になるきっかけがあるのです。特に腰が弱っているときや、疲労やダメージが溜まっているときには、何気ない日常動作にも油断は出来ません。

ぎっくり腰になっているとき、筋肉は縄をギュッと絞ったかのように引きつっています。また骨が損傷している場合もありますので、無理矢理に和らげようとするとよけいに引きつって痛みがひどくなり、回復が遅くなることがあります。

まずは安静にすることです。たたいたり、揉んでほぐそうとしたり、温めたりは絶対禁止です、一週間ほどは何もせずに過ごすことをおすすめします。アルコールや入浴もひかえましょう。温めると一瞬は楽になるのですが、温まった後冷めるときに悪化してしまうことが多いのです。シャワー時の姿勢がきっかけで症状が悪化したり、再発することもあります、ぎっくり腰とは腰の肉離れと考えてもらったらいいと思います、姿勢には十分注意が必要です。温湿布やカイロも痛みがひどくなることがあるので、発症直後の使用はおすすめしませんどうしても痛いときには痛み止めを服用されると思いますが、あくまでも痛みを感じる感覚を麻痺させているだけですので、なってしまったらすぐに専門医をおすすめします。

予防としては、まず腰まわりを冷やさないこと、筋肉に疲れを溜めないこと、適度に運動しストレス発散し、筋肉をほぐして緊張させないことなどが効果的です。

食欲の秋、旅行の秋、読書の秋を思う存分楽しめるよう、ぜひ普段からの予防を心がけてくださいね!

ぐい飲み(おちょこ)!

2019.10.08 | Category: 未分類

本日患者様に従業員みんなお酒が好きと話していたらコレクションしているおちょこを頂きました。
患者様自身が好きな陶芸家さんが作っているとのことで体を壊さない程度にこのおちょこを愛用し日本酒を堪能したいと思います!

キャッシュレス決済開始!

2019.10.08 | Category: 未分類

当院も10月よりキャッシュレス決済を開始いたしました。
キャッシュレス決済をご希望の方はお会計の際従業員までお声がけくださいね!

お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております