- 手首・足首の痛み

手首・足首の痛み

手首の痛み

手首は、非常に広い可動域を持ち、複雑に動く関節です。
そのため、抵抗力が少なく、使いすぎたり使い方が悪いことで負担をかけると、すぐに手首の痛みを作ってしまいます。
手首の痛みで多くみられるのは「腱鞘炎」です。

腱鞘炎(ばね指)

腱鞘炎とは、指や手首の使い過ぎにより、手首の「腱」や「腱鞘」などに負担がかかり、指の付け根や手首が痛くなる症状のことです。
指に起こる腱鞘炎のことを「ばね指」といいます。

筋力の少ない女性に発症しやすく、更年期や出産でのホルモンバランスの乱れが影響します。
産後、出産の為に緩んだ子宮や骨盤をもとに戻すホルモンや、腱鞘を収縮させるホルモンが低下すると、腱や腱鞘を柔らかくするホルモンが閉経により減少し、柔軟性がなくなることで摩擦を起こしてしまい、痛みが現れます。

当院では微弱電流などを用いて患部の痛みを取り除くだけでなく、全身の血流を良くし、身体への負担を減らすために、整体療法による骨格矯正も行い、痛みの根本治療・再発しない身体作りのお手伝いをさせて頂いております。

足首の痛み

足首は、身体を支える脚と地面に接する足部を結ぶ関節で、膝よりも可動域が広い関節です。

そのため足首の関節には様々な動きが必要とされるため、関節に加わる負担も多く、さらに体重も加わる為受傷頻度が高くなります。

足首の痛みとして最も多くみられるのは、足関節の捻挫です。

足関節捻挫

足関節捻挫とは、足首を捻った時に強い外力が加わることで足関節の可動域が正常範囲内を超えてしまい、足の関節を構成している靭帯や関節包などが損傷することをいいます。
階段を踏み外したりつまずいた時や、スポーツ外傷で多くみられます。

一般的には内返し捻挫が多く、指先が内側を向くように捻り、主に外くるぶしの斜め前方辺りを痛めることが多いです。関節部分の血管が傷付くことで、内出血や腫れなどの症状がでます。

外返し捻挫は内側にこの症状が出現します。
患部の状態や怪我の程度などにより、症状や完治までの時間に差があるものの、早期回復の為には怪我をした直後の処置が非常に重要です。早い段階でしっかりと処置を行うことにより、回復までの時間が縮まります。

当院では怪我をしたばかりの急性期にはアイシングや損傷の程度によりテーピングやギプス固定を行います。痛みを取り除いたり、患部の怪我をする前の状態に戻すだけでなく、整体療法による骨格矯正を行うことによって、痛みの根本治療、再発しない身体作りのお手伝いをさせて頂いております。


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております