- 施術コラム一覧 - ぎっくり腰

ぎっくり腰

2019.01.24
カテゴリ: 腰痛

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛症」で欧米では「魔女の一撃」と呼ばれており突然想像もしない激痛が襲うことこう例えるそうです。
症状は激痛で立てなかったり寝返りができないなど日常生活において多大なる影響を及ぼします。原因は骨盤の歪み、腰部筋の脆弱化(インナーマッスルが全然機能していない)スポーツ日常生活による筋の疲労、普段のストレスなどが挙げられます。運動をしてもアフターケアを怠ってしまうと発症するし運動不足でも筋の脆弱化により発症してしまいます。なってしまったら三日間は急性期といって炎症期間になるのでお酒や入浴したり温めたりなどの血行の良くなることは避けましょう。
ぎっくり腰の方の共通の悩みとして仰向けで寝られないと言われます。これは筋肉や骨の構造上、仰向けになり脚を伸ばすと腰に力が集中してしまうためです。仰向けで寝ると痛い方は、膝の下に丸めた毛布などを置き、膝が90°程度曲がった状態で寝るのが良いでしょう。また、痛い方を上にして横向きになり、抱き枕などを抱いて寝るのもオススメです。
通常病院での治療は、問診、レントゲン、痛み止め、湿布の処方、電気治療を主に行っていますが当院では、問診、痛みの部位を触診、ぎっくり腰の原因となる体の歪みなどを正常に戻すため骨格矯正を行い上記に記載されているような寝方、起き方、立ち方、座り方などの日常生活動作の指導、管理をしております。また痛みが軽減し少々動けるようになったら再発を予防のため筋力トレーニング指導、インナーマッスル強化運動を行い今後同じような痛みを出さないよう管理、指導を行い患者様の良質な日常生活のお助けをさせていただきます。


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております