- 施術コラム一覧 - 膝が痛い!(膝の内側が痛い)変形性膝関節症 

膝が痛い!(膝の内側が痛い)変形性膝関節症 

2019.11.20
カテゴリ: 膝の痛み

今回は高齢者の愁訴で最も多い骨・関節の疾患は腰背部痛と膝関節症である。有症の変形性膝関節症の患者様は全国で800万人を超えると推定されており社会問題となっているまた運動器不安定症(歩行時にふらついて転倒しやすい、関節に痛みがあって思わずよろける、骨に脆弱性があって軽微な外傷で骨折してしまう)をきたす代表的てきな疾患である。

変形性膝関節症の原因は一次性と二次性に分けられる。
一次性明らかな原因が認められないもの
60代に女性が誘因なく膝の痛みや運動障害、膝に水がたまるなどの症状を訴え明らかに原因が認められないもの。

二次性原因が明確なもの
代謝疾患(代謝性疾患(糖尿病高血圧脂質異常症(コレステロールが高い、中性脂肪が高いなど)脂肪肝高尿酸血症(痛風)メタボリックシンドローム(いわゆるメタボです。肥満症)
・外傷(ケガ)
・先天性異常(産まれつき))など。

(症状)
初期には膝のこわばり感や長時間座っていて立ち上がった時・歩き始めの痛みを訴える方が多いです。
いったん歩き始めると痛みは和らぐが長時間歩くと再び強くなる。
一番多い症状は膝の内側に痛みがでて歩いたり階段昇り降り特に降りるときに痛みが強くなる。
末期になると膝の変形が明らかになり膝の曲げ伸ばしができなくなり水が溜まったり歩けなくなったり日常生活が困難になる。

(治療法)
⓵膝の変形を食い止めるには筋力の向上が必要である。筋力強化は膝関節を安定させ症状を改善させます。
当院オリジナル運動法
足首を下げる×20回(ふくろはぎのトレーニング)


足首を挙げる×20回(すねのトレーニング)


足を挙げる×20回 注意股関節、膝は曲げない(太もものトレーニング) 


下にしいたクッションをつぶすように太ももに力を入れる×20回 注意足を挙げない(ふとももトレーニング)


クッションをつぶすように内側に股を閉じるように力を入れる×20回 注意股関節膝は曲げない(内ももトレーニング)


クッションをつぶすように内ももを閉じるように力を入れる×20回(うちももトレーニング)

お尻を床から離すように挙げる×20回(ももうらトレーニング)

ほんの一部ですが当院では変形性膝関節症の患者様にトーレーニングを行っております。
運動苦手トーレーニング嫌いな方でもこの程度なら毎日できると思います。
それでもできない方は寝ながらトレーニングできるJOYトレ(EMS)という機械でトレーニングを行ってもらっております。

興味があったり膝の痛みを改善させたいという方は一度とーごう接骨院ご相談ください


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております