- 施術コラム一覧 - 足の痛み、痺れ・・・その症状、梨状筋症候群かも?

足の痛み、痺れ・・・その症状、梨状筋症候群かも?

2019.01.31
カテゴリ: 腰痛,骨盤矯正

足の痛み、痺れといった症状は、腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、頚椎症、脳血管障害、糖尿病性神経障害、閉塞性動脈硬化症、血行不良でも足の痺れがあります。
その中でもお尻に痛み、痺れがあるものは主に、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群が多いです。その中でも今回は梨状筋症候群について取り上げてみたいと思います。
梨状筋はお尻の深い所にある筋肉で、その下を坐骨神経が通っています。その梨状筋が硬くなってしまったり緊張してしまうことで坐骨神経を圧迫し、症状を引き起こす病態を「梨状筋症候群」と呼び、坐骨神経痛を引き起こす原因のひとつとして知られています。腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症でも類似した症状を起こし鑑別が必要になります。当院に来院される患者様は長い距離歩けない、立ち上がり、寝返り動作で痛み、痺れを起こす、またスポーツをされる方は振り返りや、足を捻る動作、フェイントや俊敏に動く動作などで痛み、痺れを訴える方が多くいらっしゃいます。
梨状筋は主に股関節を外旋させる筋肉です。梨状筋症候群になる患者様は日常生活やスポーツで外旋する動作が多い方、内旋させる筋肉が弱い方、内旋筋が使えてない方、内旋筋が使いにくい骨盤になっている方に多いです。主に内旋筋が使えてない方、内旋筋が使いにくい骨盤になっている方が多く感じます。
当院では、梨状筋症候群に対して梨状筋を緩める手技、ストレッチに加え骨盤と大腿骨(股関節)を正しい位置に矯正し痛みを出しにくい状態にする骨盤矯正を行います。


お気軽にご相談ください とーごう接骨院
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒475-0924
愛知県半田市東郷町3-39-1 東郷ビル1F

駐車場

20台あり

休診日

土曜午後・日曜

ご予約について

当院は予約優先制となっております